総量規制と総量規制対象外の見分け方を知ろう

総量規制とは、貸金業法で定められた年収の1/3以上の借入を制限する制度の事をいいます。
例えば年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借入することはできません。

また、複数の貸金業者から借入する場合、全ての貸金業者からの借入合計が年収の1/3を超えないようにする必要があり、年収の1/3を超えている場合は借入できなくなります。
年収300万円の方で、貸金業者から70万円の借入がある場合、他の貸金業者から借入できるのは30万円までとなります。
対象は、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社から個人がお金を借りる時のみに適用され、多重債務者の増加を減らす役割があります。
例外として、事業用資金として個人が借り入れる場合は年収の1/3を超えても借入可能となります。
比較的審査は通りやすく、即日融資や利用できるATMや店舗が多いので便利です。
反対に総量規制対象外とは、貸金業法に規制されない銀行の事を指します。
銀行は銀行法に基づいているので、年収の1/3以上の借入も可能となります。

なお間違いやすいのですが、銀行系は銀行系列の消費者金融なので総量規制の対象です。
銀行の金利は比較的低く設定されていますが、審査に通りにくい場合があります。
また、総量規制対象外であっても1/3以上の借入が確実にできるわけではありませんので注意してください。

checkイオン銀行カードローンで借りたい方に!詳しくはコチラをclick