収入証明書は必要ですか

キャッシングを利用する際、金融機関から収入証明書の提出を求められる事があります。
いずれの書類も年収や月収の金額が明確に記載されている最新のものが求められます。
収入証明書とは、源泉徴収票、確定申告書、給与証明書、所得証明書等の書類になります。
結論から言うと、収入証明書はほとんどの金融機関で提出が必要です。
収入証明書の提出がなぜ必要なのかというと、利用者から提出された収入証明書は、キャッシング利用申し込みを受けた金融機関が審査をする時に申し込み者の返済能力を確認する為に使われます。

そして、貸金業法の総量規制により貸出金額と他社貸出金額が一定額以上の利用者に収入証明書の提出を義務付けているからです。
一定の条件とは、貸出金額がが50万円を超えた場合と融資借入総額(貸出金額と他社の貸出金額との合算金額)が100万円を超えた場合の事を言います。
総量規制の対象外の銀行でも、100万円を目安として収入証明書の提出を求めるところが多いようです。
上記の内容から、キャッシングの際収入証明書の提出が必要か否かは、申し込む金融機関が貸金業法の規制対象かどうかという点と、申し込み金額又は複数社の合計貸付金額によって決まります。

例外として、ネット銀行などでは収入証明書不要のキャッシングサービスも増えてきています。
同じ貸金業者や銀行でも、キャッシングの限度額によって収入証明書の提出が必要かどうか異なるので確認が必要です。

checkイオン銀行カードローンで借りたい方に!詳しくはコチラをclick