勤続年数が短いと借りることができませんか?

キャッシング審査で重要視されている項目の一つとして勤続年数があります。
勤続年数について心配される方も多いと思いますが、勤続年数は長ければ長いほど審査に通りやすくなります。

金融機関がなぜ勤続年数を重要視するかというと、貸したお金を確実に返済してもらえる人を選び貸し付けたいと思っているからです。
勤続年数が長いということは、それだけ継続して安定した収入を得ているということであり、安定した収入を得ている人に貸せば確実に返済を望めると想定できるからです。
反対に、勤続年数が短い人は転職や解雇が多いと仮定され、継続した収入が得られていないと判断されやすくなります。

そのような人は、返済できないリスクを抱えているとみなされてお金を貸すことができません。
審査を通過できる勤続年数の目安は、会社員の場合は通常1年以上の勤続年数が必要とされており、最低ラインは半年以上一年未満と言われていますが、申し込みをしてみないとはっきりしたことはわかりません。

また、半年未満の方は申し込み自体やめた方が無難です。やはり審査落ちする可能性が極めて高いと想定できます。
上記の事を踏まえて、勤続年数が短い場合は勤続年数が一年以上になるまで申し込みを待つか、他の審査項目によっては審査を通過する場合もある為、他社に申し込んでみるのも一つの手です。
最後に、勤続年数は自己申告なので虚偽申告しても大丈夫ではないかと思われがちですが、嘘をつけばバレた時に罰せられる場合もありますので、正直に申告することが大切です。

checkイオン銀行カードローンで借りたい方に!詳しくはコチラをclick