リボルビング払いの注意点

リボルビング払いは、月々決められた金額を支払い残高に応じてクレジットカード会社に支払う方法です。
最近では、リボルビング払い専用のクレジットカードもあり、リボ払い利用に対してポイントが付くなどのサービスを行っている場合もあります。

上記のように大々的にリボルビング払いを推進しているクレジットカード会社も多くなっていますが、注意点をよく理解してから利用しましょう。
クレジットカードの支払い方法には、一括払い、分割払い、リボルビング払いがあります。
クレジットカード利用者の約9割が利用している方法が一括払いです。
この支払い方法は金利がかからないのが特徴です。
次に分割払いは、カードの利用額を回数で分割して支払う方法で2回払いまでは金利がかからない仕組みになっています。

ではリボルビング払いはというと、利用金額や利用回数に関係なく、毎月の支払額を定額にして支払う方法です。
クレジットカードの限度額以内であれば繰り返し利用しても毎月の支払額は変わりません。
分割払いとの違いは、支払い回数を決めて支払う分割払いに対して、リボルビング払いは支払い回数を決めずに毎月の支払額を決めるという方法で返済します。
具体的な注意点は、分割払いより金利が高く返済回数に関係なく見返済残高に年率換算で10%台の金利がかかってきます。
他にも、支払い期間や借入残高もいくらなのか分かりにくく、知らず知らずのうちに借り過ぎてしまい返済が困難になることが考えられます。

checkイオン銀行カードローンで借りたい方に!詳しくはコチラをclick