グレーゾーン金利を詳しくチェック!

グレーゾーン金利とは、貸金業法と出資法改正前に存在した利息制限法に定められている上限金利は超えるものの出資法の上限金利には満たない金利のことをいいます。
具体的には、利息制限法は金利の上限を15%~20%と定め、この金利を超えた分は法律上無効となります。
一方出資法では、刑事罰の対象となる金利の上限を定めており、上限金利が29.2%とされています。

このように、利息制限法と出資法の間の金利は民間上は無効となりますが刑事罰は科せられないグレーな部位が存在します。
このグレーな部分の事を「グレーゾーン金利」と呼んでいました。
以前は貸金業者の多くがグレーゾーン金利で違法に貸付けを行っていましたが、貸金業法改正により利息制限法の上限金利を超える金利は貸金業法による行政処分の対象となります。

しかし、改正前に借入し利息制限法の上限を超える金利を返済している場合で、
これまで返済した金額が法律上返済すべき借金の元金に利息制限法の上限金利を加えた金額を超えた場合には、その超過分を貸金業者から返還してもらえる制度があります。
この制度の事を過払い金制度と言い、本来支払う必要が無いにも関わらず貸金業者に払いすぎた金額の返還を指します。
過払い金は、5年以上貸金業者と取引している場合に発生している可能性が高いと言われていますので確認が必要です。

checkイオン銀行カードローンで借りたい方に!詳しくはコチラをclick