カードローンの審査が有利な人とは?

カードローン会社の審査を受ける上で返済能力が無いと見なされれば、それだけで審査に通ることは難しくなります。
しかし、必要最低限の条件さえクリアできれば審査に通ることは難しくありません。
上記の事を踏まえて、カードローン審査に有利な人の条件をお伝えします。

まずカードローン会社は審査をする上で、信頼度の高さを重視して見ていきます。
例えば、安定した職業について収入を得ているか、住所ははっきりしているか、過去に信用情報等に傷が付いていないかが主な審査基準となります。
沢山の職業の中でも特に審査に有利だと言われているのが公務員です。
なぜなら、会社がつぶれる可能性がない安定した職業であり、離職率の低さや収入の安定度が高いと言われているからです。
加えて公務員の健康保険証は共済組合保険証と言い、資格取得年月日の表記がある為勤続年数の判断もつきやすく評価が高いと言われています。
評価の順番としては、大企業、中小企業、自営業、アルバイト順に評価されます。

さらに、勤続年数の長さも審査に有利となります。
住居も賃貸より持ち家の方が信用度が高く、住居年数が長いほど評価が上がります。
2年以内の引越しを繰り返していると貸し逃れのリスクも考えられる為審査が厳しくなります。
また、他社からの借入がある人の場合は不利になるので注意しましょう。
最後に、昔から固定電話を引いている人の方が有利と言われていますが、
現在では固定電話の利用率が激減しているので条件から外すカードローン会社もあるようです。

checkイオン銀行カードローンで借りたい方に!詳しくはコチラをclick